INFORMATION

ブログ

平成27年10月28日(水)ヘルスケア&アドバイス実施報告

暑いくらいのポカポカ陽気に包まれた10月28日。本日は「Re.Ra.ku(リラク)」と初のコラボ企画「VOLVOヘルスケア&アドバイス」が開催されました。この企画は「クルマも身体も日頃のケアが大切」をテーマにしたワークショップです。ショールームの入り口にはリラクガール出動中のバナーが飾られました。

お客様にはご予約のうえご来店いただき、私どもがお車のヘルスケアをしている間に、お客様はショールームにて30分間のボディケアを受けていただきます。施術完了後には10分間のお客様個々の症状に合わせた、日常でのストレッチ等をご提案いたします。もちろん、お車のパーソナル・アドバイスもさせていただきます。「クルマはボルボ」が、「身体はリラク」が担当いたします。

当日はショールームの2Fがリラクの出張スタジオに早替り。施術台も2台ご用意いただきました。

はじめはリラクスタッフから注意事項のご説明のうえ、日本リラクゼーション業協会の書式に施術了承のご署名をいただきます。さぁ、いよいよ30分間のボディケアのスタートです!(さすがに施術中の画像は撮りません)

お客様のボディケアが始まる頃に、サービス工場ではお預かりしたお車のボディケア=点検がスタートします。

我々もクルマのボディケアのプロとして、リラクさんに負けずに丁寧に点検を致します。

30分間のボディケアが終了すると、お客様の個々の症状に合わせたパーソナル・アドバイスを行います。血流が良くなった直後ですので、ミネラルウォーターをご用意いたします。

今回はリラクさんからお客様へ、素敵なプレゼントをいただきました!クヴォン・デ・ミニムのスキンケア試供品と、今回のリラクガールのお二人が普段働いている、本郷三丁目店の来店割引クーポンです。

お客様にご感想を伺うと、「あまりボディケアを受けた経験がない」方が多く、大変喜んでいただきました!中には「良い機会だから、お店にも行ってみようか!?」とおっしゃって頂いた方も。日ごろのお疲れが少しでも癒えれば何よりでございます。」

今回ご担当いただきましたリラクガールのお二人もありがとうございました!

※ちなみに今回の記録用に当社のスタッフにも1名、体験してもらいました。非常に喜んでくれていた様なので、社員の福利厚生としてもとても良いアイテムかもしれません。ボルボで働くと、リラクが受けられる??


 

● 開催日時 : 平成27年10月28日(水) 開催10:00~14:00  ※完全予約制

● 開催場所 : ボルボ・カーズ文京 ショールーム2F/東京都文京区白山1-26-20

● 参加定員 : 10組さま(参加費無料) 

         ※ご予約が定員数に達し次第、募集終了とさせていただきます。

● 共同開催 : Re.Ra.Ku(リラク)

         関東を中心に120店舗以上を展開するリラクゼーションのお店です。

         http://reraku.jp/

このエントリーをはてなブックマークに追加

ノーベル賞の街=スウェーデン・ストックホルム

ボルボは北欧・スウェーデンの自動車です。本日は新聞各紙の一面に「大村智氏にノーベル生理学・医学賞」のニュースが踊り、大変話題となりました。そのノーベル賞もボルボと同じく北欧・スウェーデンの賞なのをご存じでしょうか?今回はノーベル賞にまつわる周辺の話題をつづりたいと思います。

ノーベル賞の式典やパーティーが執り行われるのはスウェーデンの首都・ストックホルムです。ストックホルムは大小14の島からなり「北欧のヴェニス」と言われる程に水の都という言葉がピッタリの素敵な街です。

ノーベル賞はダイナマイトを発明したアルフレッド・ノーベルが築き上げた富を基にしたノーベル財団によって運営されています。授賞式などはノーベルの命日である12月10日にストックホルムで実施されます。ストックホルムに行くと晩餐会の会場でもある市庁舎内を観光で見学することができます。

またもう一つ、いつでもノーベルを体験できる観光があります。それが「ノーベル・ディナー」です。ノーベル・ディナーの会場は、実際の晩餐会が開催される市庁舎の地下にあるレストランです。

洞窟のような雰囲気あるレストランでは、実際に前年のノーベル賞の晩餐会で使われた食器で、実際に提供されたメニューを食べ・飲むことができます。テーブルの巾や奥行も実際のセッティングと同じ寸法で配置されています。当日の晩餐会では1200人以上の方々が参加されるそうなので、結構せまいです。。。

 

ノーベル・ディナーの醍醐味の一つに、当日と同じ素敵な北欧製の食器類を楽しめる事があげられます。こちらのグラスはボルボのご成約記念品として日本で使用した事があるので、その当時にご購入されたオーナーさまのご自宅には同じグラスセットがあるのではないでしょうか?

 

メニューには日本語バージョンもあります。構成としては前菜・主菜・デザート各1品ずつです。メニュー表の下部には通し番号が打たれています。9ヶ月で5871番目だそうです。世界的な賞だけに世界各地から参加しに来られるのでしょう。

 

こちらの食事に合わせて、実際の晩餐会でも出されるシャンパンやワインも堪能する事ができます。もちろん、飲み放題ではありませんが。

2014年の前菜はカリフラワーのクリームスープでした。

2014年の主菜はアカシカの腰肉のグリルでした。

デザートもベリーのムースとシャーベットを中心とした、大変おいしい一品でした。

 

もう一つ、ノーベル賞ネタとして、ストックホルムで楽しめる場所があります。それが受賞者の方々が宿泊される「グランド・ホテル」です。東京で言うところの帝国ホテルでしょうか。歴史と格式があるホテルで、エントランス側からは王宮や旧市街地・ガムラスタンの街並みを眺めることができます。

 

 会議室もとても素晴らしい空間でした。贅沢な気分に浸りながら、議論を交わすことができます。

 

本館のエレベーターは歴史がありすぎて、手動式のドアでした。初めての時には戸惑うこと100%請け合います。

 

宿泊する部屋はスタンダードですと、この様な部屋でした。(受賞者の方々がどのくらいのグレードの部屋に泊まられるのかはわかりませんが)バスタブがスウェーデン人基準なのか!?とても大きく・深かったので、湯船好きな日本人は溺れないようにご注意ください。

 

グランド・ホテルのスタッフは格式高く、非常に自然なおもてなしを提供してくれました。スウェーデン流のホスピタリティを学ぶことができる、貴重な体験でした。

授賞式や晩餐会は有名ですが、その周辺事情はなかなか報道される事もありません。みなさまにもスウェーデンの文化の一端を知っていただければ幸いでございます。


※次回こそはボルボ本社について、ツラツラとつづりたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 1 >>
1ページ中1ページ目
RSS FEED https://www.vc-bunkyo.co.jp/vcbunkyo_info/feed?feed=rss
インフォメーション

ボルボ・カーズ 文京
ヨシダ・オート株式会社
ボルボ・カーズ 文京
〒113-0001
東京都文京区白山1-26-20
TEL.03-3818-8551
FAX.03-3818-9551
サービス直通 TEL.03-3814-6677
info@vc-bunkyo.co.jp
営業時間 9:00 - 18:00
営業時間 日・祝 10:00 - 18:00
毎週火曜日定休
>>ショールーム案内はこちら